店長の独り言

2nd house店長です!#4(オーナーとの出会い。そして、開業へ。)

2ndhouse店長です(*’ω’*)

自己紹介編ももう4つめに突入です!

#3では

・やっと正社員として働くことが決まったものの、1年で退職

・❝人見知りを克服して、人生が変わった❞という思いからイベンターになることを決意

・無職になってしまった

次は、いよいよ開業です!!!

無職からの開業

初夏の頃だったでしょうか。

イベントをやっていた時、

「人が集まる場所をつくりたい」と言ってる人がいると、オーナーを紹介してもらいました

飲食店を持ちたい理由が一緒だったんですよね

 

嬉しかったし、一人では不安だったので、一緒に開業を目指すことに。

 

もちろん、お互い開業未経験者。

 

物件の探し方も分からなければ、お金の借り方もしらない。

そして、一番困ったのが、料理ができないってこと。

飲食店を開業する人というのは、長年飲食店に勤めてきて

自分の好きな料理を食べてもらいたいだとか

思うようなメニューをつくりたいだとか

自分の思った通りの店をつくりたい人が多いと思うけど

 

私もオーナーも「人が集まるあったかい場所が欲しい」

という共通の思いの元スタートしたから

飲食店の経験はアルバイトのみだったし

料理は家庭料理レベル・・・

 

飲食店でお金をもらって出す料理をつくれる自信は到底ありませんでした

 

そこで、店長はカフェめぐりが趣味だったので

コーヒー教室に通うことを決め、コーヒーについて勉強し、

カフェを開業することに決めたのです

 

そして、現在に至る。

 

私のちっぽけな人生から伝えたいこと。

27年という短い人生しかまだ生きてないけど、

おじいちゃんからみたら3分の1程度でしかないけど、

私のことを先輩と思ってくれる方に向けて、書いています。

 

転職は逃げじゃない

同じ会社で同じ仕事を一生する方がいいっていう意見もあるし、

転職は、今の会社から離れるための選択という捉え方もできるけど、

私は悪いことだとは思っていません(実際、自分もいっぱいしてるし…)

 

「自分のやりたいこと」や「自分の満足できる給料」のもらえるところにいた方が

人生楽しいし、豊かになると思いませんか??

転職はマイナスの選択じゃなく、プラスの選択でもあると思うのです

 

人は、変わろうと思った時に変われるチャンスが来る

自分嫌だな、ココ直したいなと本気で思ったときは、変わるチャンスです

もっとやせれたらいいのにな~といった軽い気持ちではなく、

「本気で」ってところが大事。

 

夢は叶う

経営者一族に生まれないと、起業できないと思っていました。

頭が相当かしこくないと、起業できないと思っていました。

おもしろくないと、イベンターにはなれないと思っていました。

大人数の前でしゃべると緊張してしまう人は、イベンターにはなれないと思っていました。

 

でも、どれも違った。

 

本気でやろうと、これが私の夢なんだと努力すれば

必ず、できるんですよね

 

だから、みなさんもやりたいこと、やってほしいです!!

1度しかない人生だから…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

....................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................……………………………………………………….